「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングの名場面3選!名場面が生まれる条件とは?

2016 10/12 03:34
ボクシング リング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Eugene Onischenko/Shutterstock.com

2人の人間が2つの拳で殴り合う究極にシンプルなスポーツがボクシングだ。 人間の根源的な心と体の強さが試されるこの競技では、歴史上いくつもの名勝負が繰り広げられてきた。 何千何万というボクシングマッチの中で、語り継がれる名場面はどうやって生まれてきたのだろうか?

スターがボクシングの名場面を作る

ボクシングの歴史の中でいくつもの名場面が生まれたが、後々まで語り継がれるような名場面になるためには、いくつかの条件がある。 ひとつがその試合をしている選手だ。いくらボクシングの試合として面白い試合でも、やっている選手は人間だから、その選手にファンが感情移入できるようなスター性がなければ名場面にはならない。
これはすでにスターとなった選手に限ったことではなく、その試合がきっかけでスターになるような原石の輝きとでもいうようなスター性を持った選手と、そのストーリーに、ファンはしびれるのだ。

タイミングがボクシングの名場面を作る

とは言え、いくらスター同士でも、やるタイミングを誤ってしまうと、ファンの心に残るような名場面にはならないかもしれない。 いい例が現代を代表する2人のボクサー、マニー・パッキャオとフロイド・メイウェザーの対戦だ。
最強の2人の対戦をファンは心待ちにしていたが、さまざまなゴタゴタの末に試合が行われた時はすでに遅く、ブラッドリーやマルケスに黒星を喫してからのパッキャオは全盛期の輝きを失い、またメイウェザーも度重なる私生活のトラブルでファンの心は離れていた。
この2人の対戦が正しい時期に行われていれば、ボクシング史上に残る名場面が誕生したかもしれない。

おすすめの記事