「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

すべてのワザの基本!ボクシング「ジャブ」の名手5人

2016 10/12 03:34
ボクシング ジャブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Gabriel Georgescu/ Shutterstock.com

ボクシングの試合開始のゴングが鳴ると、選手はまず互いに「ジャブ」を打ち合う。 これは、ジャブによって自分と相手のコンディションや距離感をはかるため。ジャブはボクサーにとって最も大事な基本ワザなのだ。 今回は世界中の有名ボクサーの中からとびっきりのジャブの名手をご紹介する。

重く、硬く、速いパワージャブ!【アイク・クォーティー】

ガーナ出身のアイク・クォーティーといえば、WBA世界ウェルター級チャンピオンに輝いた経歴を持つ実力者。特に「ジャブといえばクォーティー、クォーティーといえばジャブ」と言われるほど、彼のジャブは世界トップレベルの威力を持っている。 そのパンチは、速さはもちろんのこと、重く、鋭く、硬いジャブであるため、ジャブだけで相手選手をKOしてしまった試合もあるほどだ。
彼のジャブがあまりにも強力かつ正確であるため、並みのプロボクサーでは近づくことすらできないと言われた凄まじいジャブだ。

世界最高の技術が放つ超高速ジャブ!【オスカー・デ・ラ・ホーヤ】

「ゴールデンボーイ」の愛称を持つメキシコ系アメリカ人ボクサー、オスカー・デ・ラ・ホーヤ。言うまでもなく、ボクシングの歴史で成績と興行の両方で一番成功した世界チャンピオンだ。アマチュアではバルセロナ五輪で金メダリストとなり、プロとしては史上初の6階級制覇を成し遂げた。
オスカー・デ・ラ・ホーヤの繰り出すジャブは、とにかく速く、まるでかみそりのような切れ味を持っている。ジャブで相手の動きを封じ、世界最高と言われるコンビネーション・パンチでことごとく相手をマットに沈めてきた。

おすすめの記事