「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボルダリングで筋肉痛にならないとっておきの方法とは?

2017 1/10 14:42
スポーツ 筋肉痛
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kaspars Grinvalds / Shutterstock.com

ボルダリングは全身を使うスポーツだ。 普段やらないような動きをする分、やった後には筋肉痛になりやすいスポーツでもある。 そこで今回は、ボルダリングで筋肉痛にならない方法を紹介する。 また、すでに筋肉痛になってしまった時に使える方法も併せて紹介する。

始める前のストレッチは入念に!

スポーツを始めるにあたって必ず欠かせないのが、「入念なストレッチ」だ。 ストレッチをしておくことで、筋肉痛になりづらいだけでなく、ケガの予防にもなる。さらには、ボルダリング中にも体を柔らかく使うことができるようになり、いつもより良い結果を出すことができるだろう。ストレッチは十分過ぎるほどにしておいて損はないのだ。 特に入念にしておきたいのが、体の各関節だ。手首、足首、膝、そして股関節も、しっかりとストレッチしておこう。

この筋肉を鍛えておけば予防できる!?

筋肉を鍛えておくことでも筋肉痛を予防することができる。そうです、「筋トレ」をしよう。 鍛えておきたい筋肉は、「前腕筋」「上腕二頭筋」「ハムストリング」だ。これらの筋肉は、ボルダリング中によく使う筋肉である。これらの筋肉をしっかり鍛えておくことで、筋肉痛になりづらく、パフォーマンスも向上することだろう。 ただ、筋トレもやり過ぎると筋肉痛の原因になる。ご自身の無理のない範囲で行うようにしよう。

おすすめの記事