「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

手に汗握る名勝負からまさかの珍事まで。ボートレース界で起きた奇跡!

2017 5/1 10:13SOL
ボートレース
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 tsukanko.jp

スポーツシーンには必ずある好プレー&珍プレー。ボートレースの世界にも同じく手に汗握る名勝負や誰もが「まさか!」と思う珍事が存在します。本稿では、そんなボートレース界で起きた奇跡を紹介します。

【ボートレースの奇跡その1】常滑で全艇転覆→レース中止!

ある日の常滑競艇場での第3レース。スタートは6艇とも正常ながら、1周目の第2ターンマークで1艇が転覆し、わずかな距離で追う残り5艇も次々と接触。上に折り重なるように転覆していきました。
大事故にはならなかったようですが、「1番艇、2番艇、3番艇、4番艇、5番艇、6番艇、全艇転覆。レース中止!」というなんともシュールなアナウンスが流れ、すべての舟券が返還対象となる顛末。
全艇フライングによるレース中止はさほど珍しくはありませんが、アクシデントだったとはいえ、史上稀に見る全艇転覆という事態に、主催者側も観客も呆然とするほかありませんでした。

【ボートレースの奇跡その2】マークごとにトップが変わる大激戦

「SG(スペシャルグレード)の中のSG」とも呼ばれる賞金王決定戦。1995年の第10回賞金王決定戦は、当時絶頂期にあった植木通彦選手と中道善博選手のライバル直接対決でもあり、ボートレースファンに語り継がれる一戦となっています。1号艇は中道、植木は5号艇からのスタート。そのほかベテランの野中和夫選手は2号艇、当時はまだ若手だった松井豊選手も4号艇で出走していました。
スタートからトップに立つのは「インの中道」。そこに植木が食らいついていきます。ターンマークごとにトップが入れ替わる壮絶なレース展開。モンキーターンを駆使する両者、入れ替わるたびに熱狂するファンの歓声が場内に響き渡ります。最後のターンマークもほぼ並んで通過、わずかながら前に出た植木選手が数十センチの差で先着でゴールを飾りました。

おすすめの記事