「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と知らないボートレースの基本ルール5つ

2016 12/9 12:03
ボートレース
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by cake6

子供のころからいつも同じ時間にテレビCMがやっていたため、小さな子でも言葉だけは知っていたボートレース。現在カップルやファミリーにも人気があります。ルールも実はとても興味深いスポーツでした。そんなボートレースについてお伝えします。

基本ルール その1 的中率が高い!?

ボートレースは6艇のモーターボートで競うレースです。ほかの競技と比べても出走数が少ないので的中率が高く、手軽で人気のある競技です。
スタートラインを通過後、一周600mで3周、合計1800mのコースを走り、ゴールに入着する順位で選手が競います。それぞれ1号艇が白、2号艇が黒、3号艇が赤、4号艇が青、5号艇が黄色、6号艇が緑とレースが判りやすいように色が決められていて、ボートの旗やユニフォームがそれぞれの色になっています。

基本ルール その2 スタート方法

ボートレースのスタートは独特です。
スタートラインに並んでスタートという競技ではなく、スタートラインを決められた時間内に通過する「フライングスタート方式」になります。待機行動と言われる、スタート時間の約1分40秒前にピットを出て、約30秒前まではコース取りを低速でします。スタートの約30秒前になるとほぼコースが決まり、加速していきます。そしてスタート時間を狙って、スタートラインを通過して勝負になります。

おすすめの記事