「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボートレースを盛り上げてきた名レーサーたち

2016 11/29 12:30
ボートレース
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.yamato-motor.co.jp/

平成22年に、今までの「競艇(kyotei)」から「BOAT RACE」に呼称を一新し、次の時代でも盛り上がるべく努力している艇界。たくさんの選手たちがここまで引っ張ってきたのでしょう。その中でも競技を面白く、そして時代の流れに乗せてきたであろう選手を探してみました。

BOAT RACEを高みに導いた「今村豊」

1981年にデビューした今村豊選手は、デビュー戦で1着をとると、その11ヶ月後には初優勝、さらに3ヶ月後にG1で初勝利という衝撃的な出世をしました。当時は、選手が一人前になるには10年かかると言われていた時代、今村選手は3年目にしてSGで優勝するなど次元を超えた成績だったのです。今村選手が全速ターンという技を競艇界に持ち込んだことで、ベテラン有利だったレースが変わり、何よりもレース展開が面白くなっていったのです。
そんな今村選手ですが、本栖時代は「転覆王(ドボン・キング)」と呼ばれていたそうです。

不死鳥と呼ばれる男「植木通彦」

1986年にデビューの植木通彦選手は「不死鳥」と呼ばれている。3年目の桐生ボートレース場での転覆時に、後続艇のプロペラで顔面を負傷、全治5ヶ月、75針を縫う重傷を負いました。半年後の復帰戦では、多くの選手が負傷したレース場での復帰を避ける中、植木選手はあえて桐生ボートレース場を選んだのです。このことから「不死鳥」と呼ばれるようになったのです。
その後も活躍し、1993年の総理大臣杯優勝戦において、全速ターンの今村選手、モンキーターンを編み出した飯田選手と共に出場し、史上初、SGでモンキーターンを使用しての優勝を果たしたのです。

おすすめの記事