「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

気になるボートレーサーの年収は?

2016 10/11 18:34
競艇 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Khun Ta/ Shutterstock.com

現在国内に1591人いるボートレーサー。水上での激しい競技にもかかわらず定年はなく、他の公営競技と比べても選手寿命は長いといわれています。日本全国で365日レースを行っている彼らの年収はいくらくらいなのでしょうか。

全選手は、競争成績によって級が分けられている

ボートレースは特別競走を除き、基本的に選手のランクに関係なくレースを行っています。しかしそれでは成績が良い選手とそうではない選手に差ができません。
そこで、半期ごとの競争成績によって4つの級に分類することで、斡旋(ボートレースでは、日本モーターボート競走会により、公平に選手を振り分けるシステムをとっている)日数に差を持たせているのです。級は、上からA1級、A2級、B1級、B2級に分かれており、A級は月に約12日、B1級は約8日、B2級は約6日と、強くなればそれだけ斡旋日数が多くなるようになっています。

ボートレーサーには日当も出る!

ボートレーサーの諸手当は想像以上に手厚くなっており、宿泊費や交通費はもとより、日当も支給されています。この日当の部分でも斡旋日数の差は年収に影響してきますね。
また、ボートレーサーの平均引退年齢は55歳となっていて、選手寿命も約30年以上と、他の競技と比べても現役でいられる時間が長いのです。そんな中、日当が出るというのは手厚い保証といえます。ちなみに、現在の現役最年長は、B2級の高塚清一選手で、なんと御年69歳です!

おすすめの記事