「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本バスケのスター選手8人

2016 9/23 11:08
スター選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by superelaks/Shutterstock.com

最近では新リーグができたバスケットボールはこれからさらに注目が集まるスポーツだ。 本記事ではそんなプロバスケットボール界を引っ張ってきたスター選手を紹介していく。

田臥勇太選手

日本人で初めてNBA選手になった田臥勇太。中学では全国大会3位の成績をあげ、高校進学後は菊地勇樹や若月徹と共に中心選手として活躍。そして、インターハイ、国体、ウィンターカップを制し、高校バスケットボール史上初となる3冠を達成した。全国のエリート選手たちへ圧倒的な力の差を見せつけた田臥は、アメリカに渡りNBA選手に抜擢。帰国後、栃木ブレックスに入団。バスケットボール選手としては小柄だが、天才的なテクニックと視野で観るものを魅了。今や圧倒的に高い認知度を誇っている。

折茂武彦選手

長年NO.1シューターとして活躍しトップリーグに君臨し続けている折茂武彦は、トップ球団であるレバンガ北海道のオーナー兼プレーヤーだ。40歳を超えてもなお、平均得点数はリーグ2位を誇っている。
歳を重ねてもチームの主軸としてプレーできているのは「才能に恵まれているから」だけではない。アスリートとしてのプロ意識が高く、日々欠かさずに練習や鍛錬を行っているからだ。そんな彼のプレイスタイルには、全てのアスリートが参考にすべきことがある。

河村卓也選手

日本バスケ界では、大学リーグから選抜された限られたエリートだけが日本代表の選手になっていくのが通例。しかし、唯一高卒でJBLオーエスジーフェニックスへ入団した河村卓也は、大卒選手に引けを取らず、それどころか押しのけて新人王を獲得した。2006~2007シーズンでは、オールジャパン、スーパーリーグの2つで史上最年少のベスト5を獲得。
リンク栃木ブレックスでは田臥とチームメイトになり、日本最高峰のSG(セカンドガード)として有名になったのだ。

おすすめの記事