「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケットボールを国民的スポーツに Bリーグがエクスパンション型リーグ導入へ

Bリーグの大河正明チェアマンⒸマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

「BEYOND 2020~超えて 未来へ~」のテーマで中長期計画を発表

オリンピックが終わる2020年以降が日本のスポーツ界にとって大事な時期になるということで、Bリーグは「BEYOND 2020~超えて 未来へ~」というテーマで中長期計画を発表した。

その場で、Bリーグ創設した2015年9月15日以来掲げてきたミッションと、加えて新たなビジョンをあげた。

■ミッション
・世界に通用する選手やチームの輩出
・エンターテインメント性の追求
・夢のアリーナ実現

■新たなビジョン
・国民的スポーツとしての認知度向上
・NBAに次ぐリーグとしての地位確保
・憧れの職業ナンバー1、就職したい企業ナンバー1

そして具体的には、Bリーグの試合があるときは、試合の結果やトピックスが報道されて、プロ野球やJリーグと並び、国民的スポーツにさせること。NBAに次ぐポジションを確保することで、ヨーロッパなどのリーグに日本人選手が移籍しなくても、NBAに匹敵する外国籍選手が来日して、レベルの高い試合を見せていくことなどを示していた。

Bリーグはこれまで、クラブライセンス導入や外国籍選手のオンザコートルール改革、リーグ戦の平日開催などに取り組んでいた。

さらに、創設当初に掲げた「2020-21シーズンでリーグ戦入場者数300万人、事業収益300億円」については、2018-19シーズンにおいて、入場者数259万人(B1・B2のみ)、収益303億円(JBA、リーグ、クラブの合計見込み)と目標がほぼ見えるところまで来ている。これは予定より2シーズン早い。開幕から3年間の成長率も、8%、18%と順調に伸ばしてきたのだ。

選手の実力も右肩上がりに成長し、FIBAワールドカップには13年ぶりの出場、東京2020オリンピックでも開催国枠として44年ぶりの切符を手に入れている。

Bリーグは創設から平成の終わりとなった2018-19シーズンまでをファーストフェーズとし、この先について大河正明チェアマンは「セカンドフェーズの足場固めをしていきたい」と所信表明をしていた。

おすすめの記事