「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】川崎新体制へ 佐藤新HCを支える二人のACはHC経験者

川崎ブレイブサンダース新体制集合写真Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ


北GMが行った来シーズンのチーム編成 佐藤HC「ACにはHC経験者を」

川崎ブレイブサンダースは、2019-20シーズンの新体制を発表した。2018-19シーズンまでヘッドコーチであった北卓也氏は、新設されたゼネラルマネージャー(GM)へ。後任のヘッドコーチ(HC)には、北氏の下でアシスタントコーチ(AC)を8シーズン勤めた佐藤賢次氏が、ACにはSR渋谷前HC・勝久ジェフリー氏と大阪前HC・穂坂健祐氏の就任が決定した。

選手は、大阪から熊谷尚也、富山から大塚裕土が加入を発表。これで、日本人選手のロスターが全員揃った。

北GMは、昨季の印象として「他チームの総合力が高かった」と話す。

「(他チームは)スタートと控えが変わっても、チーム力が落ちないと感じた。昨シーズンの川崎は、スタートと控えで差が少しあった。シーズン60試合、水曜日開催も増えているので、総合力を上げないといけない」

この前提でチーム編成を行った。熊谷と大塚は、それぞれ大阪と富山で主力を担っていた選手。「川崎に来ても、力になってくれる」と北GMは期待を寄せる。また、佐藤HCを支えるACの人選は「佐藤HCと話し合いを重ねた上で、佐藤HCが最終的に決めた」と明かした。

川崎ブレイブサンダースの佐藤賢次HCⒸマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


「正直言って、色んなコーチの方とたくさん話をした」

佐藤HCはそう語り、ACの条件として“HCの経験があり、英語ができること”を求めていたという。その中で、求めていた条件のクリアをした勝久ACと穂坂ACに打診をして、承諾を受けたのだ。

「勝久ACは2季前にSR渋谷を指揮された時の守備、穂坂ACは昨季大阪を指揮された時の守備、ともに数字がすごく良かった。川崎は守備が伝統のチームなので、力になってくれるのでは」

戦術や考え方も近かったのが大きかった。

さらに、穂坂ACと勝久ACを以下のように評価していた。

「穂坂ACは情熱的ですね。話をしていて、目の力があった。若いのでエネルギーが全面に出ている」

「勝久ACは常に冷静で、一つ一つのことを丁寧にしっかり伝えてくれる」

おすすめの記事