「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】ガードナー移籍が三河と新潟にもたらす変化とは

2019 6/21 07:00SPAIA編集部
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

2年連続得点王が復活を期す三河へ

6月13日、シーホース三河は2年連続で得点王に輝いている#54ダバンテ・ガードナーの獲得を発表した。ガードナーはクラブを通して、「(2019-20シーズンは)シーホース三河にとって素晴らしいシーズンになるでしょう。また、このクラブの一員になれることを楽しみにしています」とコメント。すでに#1川村卓也、#15根來新之助らを獲得し、来季に懸ける熱量が伝わってくる三河だが、とりわけガードナーの獲得は大きい。

ガードナーはボール運びからインサイドプレーまで何でもこなせるオールラウンダー。学生時代にガードの経験があり、スピードの緩急やボールを自在に操る“柔”のプレーと、132kgの巨体を生かした“剛”のプレーを巧みに使いこなす。

ディフェンスの意識がやや低いこと以外は弱点が見つからないほど、現在のBリーグでは無双状態である。そんな絶対的なスコアラーが川村、#14金丸晃輔、#30岡田侑大と日本人得点源のいる三河に加わるのだから、ファンとしてはこれほど開幕が待ち遠しいことはないだろう。

一方でガードナーを失った新潟は穴埋めが急務となるのは間違いない。三河、新潟双方にどのような影響が出るのだろうか。

おすすめの記事