「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

富樫勇樹「年俸1億円」が2シーズン早く実現した理由

記者会見時の千葉ジェッツ富樫勇樹Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

日本バスケ界初の1億円プレイヤー誕生

男子日本バスケットボール界から、初の1億円プレイヤーが誕生した。バスケットボールの選手と言えば、長身を連想させるが、誕生したのは身長167cmの司令塔、千葉ジェッツ#2富樫勇樹だ。野球界では落合博満氏、サッカーでは三浦知良(横浜FC)が日本人初の1億円プレイヤーになっている。

富樫はバスケットボールの選手としては小柄だが、大柄な選手に対しても持ち前のスピードで圧倒して、厳しい体勢でもシュートをきっちり決めていく。今や日本を代表するポイントガードに成長した。

1億円プレイヤーの誕生は、Bリーグの念願だった。2020-21シーズン達成目標として、“入場者数300万人”、“バスケ市場規模300億円”を示していて、世界に通用する選手やチームの輩出を担う上で、“1億円プレイヤーの出現”を掲げていた。富樫の1億円プレイヤー達成については、想定より2シーズン早く実現することとなった。

「決して寄せ集めではない。リーグ・クラブの収益から必然的に1億円プレイヤーが生まれた」

大河正明チェアマンはそう語る。実際、2015-16シーズン(Bリーグ創設前のNBL・bjリーグ時代)のリーグ収益は8億円だったが、2018-19シーズンは6倍超の50億円。クラブ全体の収益は、2015-16シーズンの83億円から、2018-19シーズンは約2.5倍超の215億円と増加している。そのクラブ収益のうち、千葉は13人の選手で17億円の収益をあげている。

記者会見で島田慎二社長と握手を交わす富樫勇樹Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


千葉・島田慎二社長は、富樫が1億円プレイヤーになった背景として、大きく3つのポイントを示した。

1.ビジネス面:18-19シーズンは17億円を突破したことを明かし、チケットやグッズ面で突出して貢献度が高かった

2.競技面:東地区2連覇をシーズン最高勝率で勝ち上がり、天皇杯3連覇を達成。さらに、日本代表のスタメンポイントガードとして、ワールドカップ本戦出場、東京五輪開催国枠出場に貢献

3.メディア面:富樫が活躍することで、メディアに大きく取り上げられ、千葉のスポンサー価値が高くなった。観客も増加し、チームの露出に貢献

こうして並べてみると、富樫の多方面にわたる活躍を抜きにしては、チームの成長は無かったと考えたのは言うまでもないだろう。

おすすめの記事