「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】富山躍進の要因は“タイムシェア” 京都は外国籍選手の負担増がCS逃した原因か

2019 5/30 07:00SPAIA編集部
BASKETBALLⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

宇都の負担軽減はこの2年間の課題

今季、チャンピオンシップ出場を果たした富山グラウジーズ。bjリーグでは時間をかけながら力を付け成長していったが、Bリーグが始まってからの2年間は負けが先行するドアマットクラブだった。

初年度は残留プレーオフ2回戦で、横浜ビー・コルセアーズに勝利し辛くも残留。昨季はB1・B2入替戦で熊本ヴォルターズに競り勝ち、何とかB1で戦うことになっていた。薄氷を踏むような苦戦を強いられた2年間の原因は、主力選手に大きな負担をかけていたことといえる。

2年前は、苦しい台所事情ながらも日本人選手をシェアして戦っていた。ところが昨季は、#11宇都直輝の平均出場時間が34.5分でリーグ1位、#24大塚裕土が30.8分で2位という結果になるほど、この2人に頼り切った試合が多かった。

シーズン平均で17得点、7.7アシストという素晴らしい成績を残した宇都が、10得点、5アシスト以下に終わった試合は9勝15敗、勝率が3割7分5厘。11得点、6アシスト以上で終わった試合は7勝2敗、勝率が7割8分5厘だった。

つまり、ほとんどの勝敗は宇都の活躍次第で決まっていると考えられ、彼にかかる負担がいかに大きかったかが分かる。コートに立つ時間が長い分、ターンオーバーも3.2本とダントツに多く、試合中に宇都自身のパフォーマンスの質が落ちるというようなことも度々あった。

おすすめの記事