「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

厳しい状況を覆せるか!?バスケ・Bリーグの年俸問題

2016 9/14 00:42
B.League
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio/Shutterstock.com

バスケットボールファンの方へ
新たに開幕を迎えたBリーグの選手たちのサラリー情報を知りたいとは思わないでしょうか。
本稿では、Bリーグの選手たちの年俸に関する情報をBリーグの前身リーグに着目しながら見ていきます。

企業チームとプロチームの違いがあったNBL

Bリーグの前身の一つだったNBLは、戦力均衡と年俸額削減の名目でサラリーキャップ(最高年俸のボーダーライン)を1億5000万に設定する経営を行っていました。 しかし、結局はトップレベルの選手でも数千万円で頭打ちとなることが多く、その多くも外国人という状況です。 また、NBLは企業チームとプロチームの2種類が存在しましたが、企業チームは比較的安定した給与を所属していた選手たちに供給してきたという例が多かったようです。

bjリーグのサラリーキャップはさらに低い!?

次は、もう一つの前身リーグであるbjリーグの年俸状況です。 こちらも同じようにサラリーキャップを設けていましたが、具体的な金額は公表していません。 しかし、NBLよりもそれは低いとみられていて、大体7000~8000万円が相場だったようです。 こちらは完全なプロリーグであり収益は観衆やグッズ収入となっていたのですが、人気の低迷により苦しい経営が続いていたのでそれが年俸額の低下に響いていたのではと思われます。

最低年俸300万円では生活が苦しい!

前身となったリーグはどちらも苦しい年俸状況が垣間見えましたが、Bリーグでは既に年俸額の最低額が300万円であるという情報を公表しました。 300万円はbjリーグの最低年俸と同額であり、現状が苦しいという印象を抱かざるを得ません。 定年まで働けないプロスポーツ選手にあって、現状でも家族を養うのに一苦労の年俸では、苦しみにあえいでしまう選手も多数出てくることが予想されますので、課題となるでしょうね。

サラリーキャップは無いが・・・

最低年俸が前身とそう変わらなかったBリーグ。一方でサラリーキャップは設けられなかったので、価値ある選手は非常に多くの年俸を獲得できるようになりました。 しかし、もともとサラリーキャップより大きく下がった年俸を提示しているチームがほとんどだったのがこれまでの状況だったので、このままではあまり意味のないものになってしまうでしょう。 結局はBリーグ全体の収益を増産させて平均年俸を上げていくしかないのです。

新たな夜明けが刺激になるか!?

統合されたものの、収益状況は相変わらず苦しいBリーグ。 一方で、今まで対立が続いていた日本のバスケットボール界が1つの方向を向くようになったことでバスケットボールのレベルを上げる環境が整いつつあります。 Bリーグの開幕を大々的に宣伝したことで注目している人もいるでしょうし、あとは観客の方々が見続けたいと思うに値する競技の水準を保てるかが重要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
現状ではサッカーや野球ほどの人気度はありませんが、これからが期待のBリーグ!
実力のある選手がしっかり稼げる夢のある環境になってほしいですね。

以上「厳しい状況を覆せるか!?バスケ・Bリーグの年俸問題」でした。

関連記事

おすすめの記事