「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

安藤周人、合田怜、松島良豪、遠藤祐亮…今季Bリーグで大きく成長した選手たち

2019 5/24 11:00SPAIA編集部
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

Most Impressive Playerと Most Improve Player

今季、Bリーグで新設されたMIP賞――最も印象に残った選手(Most Impressive Player)に新潟アルビレックスBBの#3柏木真介、#7五十嵐圭が選出された。コート内外でのチームへの影響力、プロとしての姿勢を考えるとまさに印象的な2選手が選ばれた。

実はバスケットの最高峰リーグNBAにもMIP賞はあるが、こちらの“I”は“Improve”で昨年の成績と比較して「最も成長した選手」に与えられる賞となっている。

この記事ではNBAの“MIP”に則り、今季のBリーグで大きな成長を遂げた選手を見ていく。

日本人3位の平均得点を挙げた安藤は名古屋Dのエースに

日本人選手の中で、前年に比べて最も平均得点を上げたのは名古屋ダイヤモンドドルフィンズの#9安藤周人だ。今季は全60試合に出場し、平均得点は8点から14.6点に。6点以上をアップさせて、チームのエースになるまでに成長した。

シーズンを振り返れば序盤から得意の3Pシュートを武器に得点を積み重ね、最終的には約4割以上が3Pシュートでの得点に。マークが厳しくなった後半以降は3Pラインよりも内側での得点も増加。身体能力の高さを生かしたドライブやフェイクをおり込んだジャンプシュートなど得点手段も豊富だった。

さらには後半30試合のアシスト数も平均3.2本と、シーズン平均2.7本ということを考えればシーズンを戦っていくにつれて相手のディフェンスにアジャストしていったことが分かる。

それらのプレーが認められ、シーズンベスト5の得票数では6位とベスト5入りにあと一歩まで迫った。今年で25歳とまだ若く、2020年の東京オリンピック後の日本代表のシューターとして期待される若手のホープだ。

おすすめの記事