「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】最優秀審判・加藤誉樹 「正しい笛を吹く以前に、正しいポジションに入ること」

Bリーグアワード賞にて最優秀審判と表彰された加藤誉樹Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

加藤誉樹が3季連続「最優秀審判」

Bリーグで表彰を受けるのは、選手やHCだけではない。試合をコントロールするレフェリーも表彰の対象になる。試合においては選手やヘッドコーチが全力を尽くして戦うわけだが、レフェリーがコートに立って初めて試合は成立するのだ。

表彰はBリーグファーストシーズンから実施されており、3季連続で「最優秀審判」を受賞した加藤誉樹。彼は今や日本を代表するレフェリーとなった。今季もBリーグファイナルや天皇杯決勝など、男子日本バスケ界の重要な一戦で加藤は必ずレフェリークルーに名を連ねる。

今季BリーグMVPを受賞した富樫勇樹(千葉)は、受賞スピーチで表彰式に参加していた加藤に感謝の言葉を発している。

「あまり普段は言葉にしませんが、今日は加藤(誉樹)さんがレフェリーとしていらっしゃっています。レフェリーの方なしには試合は成立しないので、いつも文句ばかり言って本当に申し訳ないんですが……、加藤さんを含め、レフェリーの方もいつもありがとうございます」

Bリーグでコート上に入れるレフェリーは3人。3人のレフェリーは、それぞれ同じ権限を持つことになる。レフェリーは、試合においてジャッジの正確さが求められ、シチュエーションごとに、それぞれ対応していく。

おすすめの記事