「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】新人賞・岡田侑大、拓殖大中退からプロへ飛び込んだ期待のニューカマー

新人賞を受賞した三河の岡田侑大(左)とプレゼンターを務めた吉田亜沙美Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

岡田侑大が新人賞を獲得

今季のBリーグ新人賞に岡田侑大(三河)が選出された。初年度はベンドラメ礼生(SR渋谷)、昨季は馬場雄大(A東京)が選ばれている。

今季のBリーグが開幕した頃、岡田は拓殖大学の選手だった。昨年秋の関東大学バスケットボールリーグ戦、9月13日の青山学院大学戦までは、拓殖大学の一員としてプレーしていた。しかし、9月19日の専修大学戦より、拓殖大学のロスターから岡田の名前が消える。岡田は、「拓殖大学中退」という人生で大きな決断をしていたのだ。

東山高校から拓殖大学に進学した岡田は、1年生から実力を発揮する。大学進学後、初の公式戦となった2017年のスプリングトーナメントでは、同学年のゲイ・ドゥドゥとの二枚看板でチームを牽引し、8位に終わったものの、学生バスケ界に大きなインパクトを残した。「戦国リーグ」と呼ばれた秋のリーグ戦では、拓殖大学を優勝に導く大活躍。続くインカレでは、準決勝で筑波大学に敗れて3位に終わるが、次年度に期待できる内容だった。

2018-2019第28節千葉ジェッツ戦にスタメン出場した岡田侑大Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ

2年生に進級すると、スプリングトーナメントでは青山学院大学に敗れて優勝は逃すが、下級生主体の新人戦では、優勝候補の東海大学を下し26年ぶり3回目の優勝を成し遂げた。ドゥドゥに得点王を譲ったものの、岡田は得点ランキング2位に入り、拓殖大学でワンツーを達成した。

新人戦で結果を残した下級生を中心に、リーグ連覇が期待された拓殖大学だったが、リーグ開幕前に激震が走る。共にチームを引っ張ってきたドゥドゥが、アメリカに帰国してしまったのだ。チームは岡田を中心にリーグ戦に臨んだが、開幕から7戦を終えて、1勝6敗と波に乗れず、下位に低迷。岡田が孤軍奮闘するが、チームの状況は変わらず序盤戦を終えた。

2018年11月、三河は岡田と特別指定選手としての契約を発表した。岡田は、拓殖大学在籍のままではなく中退を決断し、プロの門を叩いた。特別指定選手は、大学の活動に支障が出ない程度で、Bリーグの試合に出場することがほとんどだが、岡田はそれを選ばず、プロ入りへ舵を切る。

おすすめの記事