「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】新潟の中地区優勝に貢献したベテラン戦士 五十嵐圭と柏木真介

BリーグアワードショーでMIPを受賞した五十嵐圭、柏木真介Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

レギュラーシーズンMIPに五十嵐圭、柏木真介を選出

Bリーグのレギュラーシーズンで最も印象に残るプレイヤーに贈られる「レギュラーシーズンMIP」に五十嵐圭、柏木真介(共に新潟)が選出された。

二人とも、ベテランと呼ばれる域に入ったプレイヤーで、表彰式のスピーチでも柏木が「驚いている。おじさんたちも頑張っているで賞だと思っている」と話せば、五十嵐も「リーグの方たちが、間違いなく自分たちベテランに気を使ってくださったのでは」と続けた。

五十嵐は39歳、柏木は37歳。二人が所属する新潟は、今季初の中地区優勝を遂げた。リーグ開幕前において、前評判が高かった訳ではない。二人に加えて、37歳の鵜澤潤、35歳の池田雄一と、上江田勇樹、ラモント・ハミルトンも含めれば、30代の選手が6人在籍しているのだ。当然、平均年齢は高い部類に入ることになり、最後まで持つのかと心配の声も上がったが、そんな声をよそに彼らは地区優勝を果たした。

かつては、30代半ばを超えると、選手としてのキャリアを終える選手が多かったが、トレーニングの進歩もあり、今では40代でも現役としてプレーすることが当たり前になってきた。Bリーグアワードで特別賞を受賞した折茂武彦(北海道)も49歳を迎えて、来季も現役続行を宣言している。

五十嵐は、北陸高校から中央大学を経て、2003年に日立(現SR渋谷)に入団する。スピード感あるプレーが評価されて、2006年には、日本開催だった世界選手権日本代表に選出される。その後、トヨタ自動車(現A東京)、三菱電機(現名古屋D)と渡り歩き、2016-17シーズンから新潟に移籍。前身のNBLやBリーグのオールスターに選出されるなど、同級生の田臥勇太(栃木)に引けを取らない人気選手だが、意外にも、今季新潟で成し遂げた中地区優勝は、五十嵐にとっても初のチームタイトルだった。

柏木は、五十嵐の1学年下にあたる。東海大四から中央大学を経て、日立に入団。中央大学、日立では五十嵐と共に戦っていた。冷静沈着なプレーをみせるポイントガードで、2006年アイシン(現三河)に移籍すると、2017年の退団までリーグ戦4回(JBL3回、NBL1回)、天皇杯は9回制覇し、黄金期を支えた選手でもある。しかし、2017-18シーズンに在籍した名古屋Dでは、出場時間が減少し、レギュラーシーズンの出場時間も1試合平均11分を切っていた。そして、今季から新潟に移籍をしていた。

おすすめの記事