「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグファイナル】A東京リーグ連覇 仲間を信じて戦ったチャンピオンシップ

表彰式でトロフィーを掲げるアルバルク東京Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【前半】A東京が2点リードで折り返す

開始早々、A東京#53アレックス・カークが、セカンドチャンスからバスケットカウントを成功させて先制。さらにコーナーから#24田中大貴が3pを沈めリードに成功するが、千葉#2富樫勇樹に連続得点を許して、すぐ同点に追いつかれる。すると、今度はA東京がカークのダンク、#6馬場雄大がスティールからファストブレイクを成功させ6点リード。千葉はたまらずタイムアウトを請求する。

中盤から拮抗した展開が続くが、終盤に千葉・富樫がフローター、ドライブで得点。A東京が1点リードで1Qが終了した。

2Q、1Q終盤からコートに入った千葉#5田口成浩が3pを決めて逆転。続けてオフェンスリバウンドから#1ジョシュ・ダンカンが得点し、#3マイケル・パーカーもダンクを叩きつけ、リードを広げる。さらに田口がフェイクして24点目を挙げ、流れに乗ったかに見えた千葉。しかし、ここで西村がファウルを2回するなど、展開が厳しいものに変わっていく。

ファイナル後半のアルバルク東京・田中大貴Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


相手のミスで流れを引き寄せることとなったA東京。田中が3pを沈め、#1小島元基もレイアップを決めるなど1点差まで詰め寄ることに成功し、ここでオフィシャルタイムアウトを迎えた。

その後千葉・田口に3pを連続で許すが、A東京は田中が3pを沈め、馬場の速攻で同点まで持ち込む。しばらく試合が動かなかったが、終盤、#3安藤誓哉がバックショットを決めてA東京の2点リードで前半が終了。ハーフタイムを迎える。

おすすめの記事