「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

A東京が千葉を下し2連覇、令和最初のB1王者に TOに苦しむも堅守を武器に僅差で勝利

2019 5/13 18:25SPAIA編集部
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

ターンオーバー12個にFG%は40% “らしく”なかったA東京

Bリーグ最多12,972人の観衆が見守った今季のファイナル。昨季に続いて千葉ジェッツvs.アルバルク東京というカードとなったが、A東京が71−67で勝利し2連覇を達成した。

展開としては前半こそ拮抗した展開だったが、3Qに#15竹内譲次や#24田中大貴の活躍でA東京が最大19点のリードを獲得。その後は千葉が#2富樫勇樹、#21ギャビン・エドワーズの両軸を中心に追い上げ、点差を詰めたものの、あと一歩及ばず、A東京が逃げ切ったという試合だった。

勝利したA東京だが、決して“セオリー通り”の展開ではなかった。

今季のA東京は#3安藤誓哉の成長、田中の堅実なボール運びに加えて、一人一人のボールを持つ時間の少なさもあり、ターンオーバーはリーグで2番目に少ない9.4本。ミスの少なさには定評があった。

だがこのファイナルではミスが多く、試合を通して12本のターンオーバーを犯していた。

加えて田中、#53アレックス・カークのシュートが嫌われる場面が多く、FG%もシーズン平均よりも6%も低い40%。特に7得点に終わった4Qは約6分間無得点等、試合を振り返ってみれば苦しい時間帯が多かった。

フリースローの確率もわずか50%と、これらの数字を見ると勝利したチームには思えないが、これが年間王者を決めるファイナルの熾烈さということか。強固なディフェンスを軸に僅差で勝利を勝ち取った。

おすすめの記事