「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

A東京がロースコアゲーム制し琉球下す 連覇を懸けファイナル千葉戦へ

2019 5/8 15:00SPAIA編集部
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

得意のディフェンス合戦で毎試合締まった展開に

今季のBリーグにおいて、失点を60点台に抑えたクラブは2つ。それは68.7の琉球ゴールデンキングスと69.7のアルバルク東京。その2クラブがチャンピオンシップ セミファイナルで激突。堅守が武器のクラブ同士の対戦となるだけに、締まった試合展開が予想された。

琉球のホームで迎えたこのシリーズ、第1戦はA東京が4Qに逆転し先勝したが、67-57と予想通りのロースコアに。ボールマンにプレッシャーをかけ続け、マークマンにボールを渡さないディナイディフェンス、そして寄りの速いヘルプディフェンスとお手本となるようなディフェンス合戦が繰り広げられた。

翌日第2戦もロースコアとなり、初戦とは逆に4Qで琉球が逆転し62-56で勝利。1勝1敗のタイとなり迎えた第3戦、#3安藤誓哉、#24田中大貴、さらには#10ザック・バランスキーの数字に現れない活躍で2QにA東京が抜け出す。

琉球は#24田代直希の3Pシュートで盛り返すも、72-60でA東京が白星を挙げ、2年連続のファイナル進出を果たした。

敵地で逆王手をかけられたA東京は、田中が本調子ではなかったが、シリーズを通して安藤や#1小島元基とガード陣が攻防で存在感を発揮。また、#6馬場雄大が全試合でスティールを挙げるなど、相手の反撃の芽を摘む活躍を見せた。何よりも琉球の得点を57、62、60とロースコアに抑え込んだチームディフェンスが、大きな勝因となった。

おすすめの記事