「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグセミファイナル】千葉2季連続ファイナル進出 栃木との死闘を制する

タイムアウト中の千葉ジェッツの選手らⒸマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ


【GAME2 前半】富樫が要所で得点に絡む

GAME1は、千葉が栃木を75-67で下しており、千葉がGAME2を制すれば、ファイナル進出となる。

開始早々、栃木#4ジェフ・ギブスが連続得点で先制すると、千葉は#2富樫勇樹が得点を重ねる。さらに#21ギャビン・エドワーズがリバウンドから速攻を決めると、栃木も#18鵤誠司がショットクロックぎりぎりで3pをコーナーから沈め、#9遠藤祐亮も続いて互角の戦いを見せる。

前半でリードを広げるきっかけを先に掴んだのは千葉だった。#10アキ・チェンバースがスティールでボールを奪うと、たまらず栃木#13渡邉裕規がディフェンスファウルし、さらに千葉のチェンバースが3pを決める。

そして、栃木#0田臥勇太がスリーポイントエリア外でファウルをしたことによりフリースローの権利を獲得した千葉#5田口成浩は、3本しっかり決めてリードを広げた。栃木はこの段階でチームファウルを4つ重ねていた。

追いかける栃木。#6比江島慎がファストブレイクを成功させるなど2点差まで詰めるが、最後は富樫がスティールでファストブレイクを決めた。結局千葉が5点リードで1Qを終了する。

2Qに入り千葉は、#3マイケル・パーカーがオフェンスリバウンドに飛び込みタップシュートを入れると、今度は#11西村文男からパスを受けて、カットインを成功させる。しかし、栃木のギブスにスティールからファストブレイク、#10竹内公輔にオフェンスリバウンドから得点され、5点差となる。

攻め込む千葉ジェッツ・富樫勇樹のマークに付く栃木ブレックスの鵤誠司(手前)Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


オフィシャルタイムアウト後も、両チームともに互角な試合展開を見せる。

栃木は比江島が3pを沈めるなど5得点を挙げれば、千葉は富樫が3p、エドワーズもレイアップを決めて、栃木に点差を詰めさせない。結局千葉が7点リードで前半を終える。

おすすめの記事