「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京エクセレンスが2年ぶりB2復帰へ アリーナ問題解決、的確補強で戦力も充実

2019 5/3 11:00SPAIA編集部
バスケットボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

東京EXが自動昇格 越谷が入れ替え戦に臨む

B1、B2ともに優勝や来季の戦う舞台を決める大事な時期となっているが、それはB3も同様だ。

今季は金沢武士団がB2ライセンス不交付のため総合優勝の1クラブに自動昇格の権利、そして総合2位のクラブにB2最下位との入れ替え戦に臨む権利が与えられることになっていた。

そもそもB3のレギュレーションは変則で、基本的にプロクラブだけで争われるファーストステージ、企業の3クラブ(豊田合成スコーピオンズ、アイシンAWアレイオンズ安城、東京海上日動ビッグブルー)が参加するレギュラーシーズン、そして再びプロクラブのみのファイナルステージの3段階になっている。

ステージごとに優勝を決め、その順位によってポイントが付与。最終的に合計ポイントで総合順位が決定する。そして上位クラブのうちB2ライセンスを持っているクラブがB2との入れ替え戦に出場する。

その中に今季は自動昇格が発生したのだ。そのため自動昇格があることが分かった終盤はこれまで以上に激しい争いになった。

結果的にその権利をつかんだのは、総合優勝の東京エクセレンスと総合2位の越谷アルファーズ。越谷は元々大塚商会を母体とする企業クラブだったが、Bリーグ初年度からホームタウンとしている埼玉県越谷市の本格移転し、クラブ経営も大塚商会と切り離された形で行われている。

レギュラーシーズン、ファイナルステージでは東京EXの後塵を拝したものの、ファイナルステージでは優勝。B2でも実績のある外国籍選手をそろえ、ガードの#22鳴海亮を中心に1試合平均87得点と高い攻撃力を発揮した。

Bリーグファイナル翌日の5月12日にB2最下位(金沢を除く)の東京八王子ビートレインズと入れ替え戦を戦う。

おすすめの記事