「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

いよいよBリーグチャンピオンシップが開幕、3季目の王者はどこだ?【Bリーグ】

2019 4/22 15:00SPAIA編集部
バスケットボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

ファイナル経験ある東の3クラブが優勝争いの中心か

B1は全60試合のレギュラーシーズンが終了し、いよいよチャンピオンシップに突入。出場する8クラブが3代目の王者を懸けた戦いに挑む。

Bリーグは2季連続で東地区のクラブが王者に輝いており、今季のレギュラーシーズンも東地区はハイレベルな試合が繰り広げられた。その中で勝率1位の千葉ジェッツ、2位栃木ブレックス、3位アルバルク東京と3クラブが勝率7割超えに。さらに周知の通り、初代王者は栃木で昨季はA東京、そして千葉は準優勝と3クラブともファイナルを経験している。今季もこの3クラブが優勝争いの中心になるだろう。

勝率1位の千葉は#2富樫勇樹がケガなくシーズンを戦い、数字こそ落としたが、勝負どころで何度もシュートを沈めるなど成長の跡が見られる。チームとしても修正力が備わり、試合後半の平均得点は約45点。昨季のファイナルではA東京の勢いに飲まれてしまったが、今季も同じ轍を踏むことはなさそうだ。

選手構成で言えば、#34小野龍猛がケガで長くチームを離れ、復帰後も調子が上がっていないが、昨季不調だった#27石井講祐が復調。後半にかけて状態が上がってきた#5田口成浩、SG起用も増えた#11西村文男の存在も光った。

帰化した#3マイケル・パーカーを含め、外国籍選手もタイプの違った選手をそろえる。そうしたメンバーがうまく融合し、得意のオフェンスでは85.8点と昨季より1点アップした上で、失点が73.5から71.3にダウン。攻守ともに成長し、この3年で最も状態は良いと言える。

前年王者のA東京は序盤こそ敗戦が多かったが、終盤に帳尻を合わせてきた。エースの#24田中大貴をはじめ、主力選手を欠く試合もチーム力で乗り切ってきた。ただ気になるのは千葉との相性の悪さ。千葉とはファイナルまで対戦しないものの、今季は1勝5敗と大きく負け越しており、特にそのうち3敗が5点差以内と接戦で取りこぼしている。

田中や#53アレックス・カーク、成長著しい#6馬場雄大を軸にレギュラーシーズンの成績を覆せるか。

おすすめの記事