「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第35節】千葉が2季連続地区優勝 盟友で掴んだチームのタイトル

Bリーグ,千葉ジェッツ,田口成浩,富樫勇樹,アルバルク東京,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY2前半】A東京・馬場にアタックを許すも、2点リードで折り返す

千葉は立ち上がりから、#2富樫勇樹のフローター、#3マイケル・パーカーの速攻からの得点など、残り5分を迎えるまでに7点リードする。その後、A東京#10ザック・バランスキーにバスケットカウントを許す他、点差を詰められる場面があったものの、千葉はエンドラインから走った富樫がオフェンスリバウンドをし、そこから#1ジョシュ・ダンカンがダンクを叩き込むと、再びペースアップ。A東京のパスが乱れ、ボールを奪った富樫がファストブレイクを決めれば、最後は#3田口成浩からパスを受けたパーカーが3pを沈め、千葉が9点リードで1Qを終了した。

2Q、開始して1分ぐらいから、A東京・#6馬場雄大にペースを奪われる。ケガで欠場した#24田中大貴に代わりスタート5を務めた馬場。その馬場はリングに向かってアタックをして流れを掴むと、得意のスティールから得点を重ね、オフィシャルタイムアウトまで一人で10点を稼ぎ、千葉に3点差まで接近した。

Bリーグ,千葉ジェッツ,田口成浩,富樫勇樹,アルバルク東京,Ⓒマンティー・チダ


タイムアウト明け、千葉は再び馬場のスティールから#1小島元基にファストブレイクを許す。しかし#21ギャビン・エドワーズのバスケットカウントで、A東京に行きかけた流れを取り戻す。

A東京#53アレックス・カークに得点を許すなど、終盤に向けて厳しい展開になったが、千葉が2点リードで前半を折り返す。

おすすめの記事