「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ クラブライセンス判定結果】財務面で明暗、昇降格にも影響

Bリーグ,Bリーグクラブライセンス,ライジングゼファー福岡,クラブライセンス,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

福岡が条件付きB2クラブライセンス、金沢が未交付

Bリーグが2019-20シーズンのライセンス判定を発表した。結果は以下の通り。
※今シーズンの所属ごとに、2019-20シーズンのライセンスを明記

<2018-19シーズン B1所属チーム 交付結果>
【B1交付】
 北海道・秋田・栃木・千葉・A東京・SR渋谷
 川崎・横浜・新潟・富山・三遠・三河
 名古屋D・滋賀・京都・大阪・琉球

【B2交付】
 福岡(条件を充足した場合に限り、ライセンス付与の効力発生)

<2018-19シーズン B2所属チーム 交付結果>
【B1交付】
 仙台・山形・茨城・島根・広島・熊本

【B2交付】
 青森・福島・群馬・東京Z・八王子・信州
 FE名古屋・奈良・西宮・香川・愛媛

【不交付】
 金沢

<2018-19シーズン B3所属・準加盟チーム 交付結果>
【B2交付】
 岩手・東京EX・埼玉・越谷

金沢はBリーグライセンス不交付に終わり、福岡はB2クラブライセンスを条件付きで交付された。しかし福岡は、4月29日までに必要資金を確保することを条件とし、確保できない場合は、金沢と同じくBリーグライセンスを失うことになる。

金沢については、3期連続の赤字見込みとなり、大河正明チェアマンは「軽微ではなく大きな赤字。もう一度体制を整えて、戻ってきてほしい」とコメントした。

おすすめの記事