「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千葉が地区優勝に前進、役割を果たす選手たち【Bリーグ第31節】

マイケル・パーカー,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】パーカーが攻守に躍動、千葉が優勢に進める

出だしは少し重たい展開で始まる。千葉は#21ギャビン・エドワーズがアリウープダンクなどで連続得点し流れを掴みかけるが、栃木は早めにタイムアウトをコールし、千葉に行きかけた流れを止めにかかる。

互角の闘いを続けていたが、千葉・エドワーズが個人ファウルを立て続けに2回コールされ、残り4分56秒に#1ジョシュ・ダンカンと交代する。しかし先に流れを掴んだのは千葉だった。#2富樫勇樹のスティールから速攻に持ち込み、#3マイケル・パーカーが得点すると、続けて#27石井講祐のアシストから連続でスコアメイクする。さらに、ドライブからのレイアップを沈め、栃木のファウルも絡みバスケットカウントを成立させた。

富樫勇樹,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ

このまま千葉は波に乗りたいところだが、富樫に対し栃木がダブルチームを仕掛けると、栃木にペースを奪われる。#10竹内公輔に得点を許すと、セカンドチャンスから#13渡邉裕規に3pを入れられ同点に持ち込まれる。

しかし、千葉はタイムアウトで持ち直すと、栃木の強度の高いディフェンスに対して、ダンカンがポストプレーからリードを奪う。守備ではパーカーが連続でブロックショットを炸裂させ、結局千葉が4点リードで1Qを終了。

2Qに入ると、千葉は田口が幸先よく先制し、パーカーも続いた。好守備も続き、ペースを掴むかと思われたが、栃木#4ジェフ・ギブスにバスケットカウントを決められ、#18鵤誠司もレイアップを沈める。しかし、富樫と石井をコートに戻した千葉は、富樫のシュートに続き、ダンカンに3pが生まれ、引き離しにかかる。さらにパーカーがブロックショットを決めると、富樫が3pを沈めて、千葉が7点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。

その後、一時は5点差まで詰められるが、終盤に富樫が2連続で3pを沈めて11点リードとし前半を折り返す。

おすすめの記事