「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

B3東京エクセレンス・石田剛規ヘッドコーチ独白「選手の長所を信じてこそ」

2019 4/7 07:00高須基一朗
石田剛規,Ⓒ高須基一朗
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒモッツ出版株式会社

レギュラーシーズン32勝4敗で独走V

バスケットボールのB3リーグでレギュラーシーズンを制した東京エクセレンス・石田剛規ヘッドコーチに独占インタビューした。B3リーグはファーストステージ→レギュラーシーズン→ファイナルステージと3部制の通年スケジュールで、3シリーズ通算で勝ち点の多い1チームがB2最下位チームとの入替戦に臨み、勝利すればB2昇格となる。現在、ファイナルステージを戦う石田HCに意気込みや選手との接し方などを聞いた。

―まずはレギュラーシーズン1位でのフィニッシュおめでとうございます。

石田剛規ヘッドコーチ(以下、石田HC):ありがとうございます。

―32勝4敗と素晴らしい結果であったと思うのですが、振り返っていかがですか?順調にレギュラーシーズンを終えた感じですか?

石田HC:順調…結果を見れば首位独走していますけれども、その前のファーストステージで1敗したことが、振り返ると悔やまれますね…。更に得失点差で首位を逃したので、個人的には大きなことであって、どの試合も一戦一戦を丁寧に戦わないといけないのだなと思いましたね。

―そのファーストステージの1敗は、現段階で振り返ると何が原因だったと感じますか?

石田HC:1戦目、越谷さんに勝って、連戦の2戦目で越谷さんに力負けしたんですね。チームとしての強度の部分で負けてしまって、試合終盤まで対応できずに終わってしまいました。やはり、その時に覚悟だったり、勇気だったりが欠けていたのも感じました。選手の力を信じて、出し切れる状況をつくれなかったので、それも敗因かと思います。

―とはいえファーストステージにレギュラーシーズンを終えて、このままファイナルステージも順当に勝ち星を重ねていけば、もう一つ上(B2)へ昇格する明るい未来像は見え始めていると思うのですが、いかがですか?

石田HC: そんなに簡単に結果が残せるとは思っていません。越谷さんにファーストステージで1度負けて、マイナス0.5ポイントついており、この0.5ポイントに危機感を持っています。レギュラーシーズン優勝していても、ファイナルステージの結果次第ではひっくり返る可能性もないわけではないので、レギュラーシーズンを独走できたのは大きいのですけどもう終わったことなので、選手含め我々も気を引き締めて戦っていかなければならないです。

それと各チームもファイナルステージで全てをかけて戦ってくるのは当たり前ですし、気持ちを切り替えてくるチームに対して、我々は気持ちを切らさないで戦うべきかなとも感じています。

おすすめの記事