「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

比江島が加入した栃木は何が変わった?Bリーグ王座奪還へのプラスファクターとなるか

2019 4/2 07:00SPAIA編集部
比江島慎,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

チームのスタイルに合わせて自身の役割も変化

昨季のMVPで日本代表のエース・比江島慎が、栃木ブレックスに正式加入したのは今年の1月9日のこと。2年ぶりに優勝を目指すチームがどう変わるかに注目が集まった。しかし、シーズンも残り数試合。これまでどのような変化があったのかを見ていこう。

比江島自身の成績は、出場時間が少なくなっていることもあって最低クラス。キャリア平均得点が12.3のところ、今季は9.6。リバウンドが3.0から2.5、昨シーズンは4.1だったアシストが3.3となっている。

途中加入であること、また栃木には同ポジションにキャリアハイの記録を残している#9遠藤祐亮やコンボガードの#18鵤誠司、フォワードの#24栗原貴宏と、選手がそろっていることも出場時間が減っている理由のひとつ。

ただ、3Pシュートは上昇しており、1試合平均1本の成功数はキャリア最多で成功率も40%と高水準。栃木に移籍してからは得意のドライブではなく、ミドルレンジや3Pシュートなど、ペイント外の得点率が高まっている(3年間でペイント外の得点率の推移は40.5%→45.0%→50.0%)。

その要因は栃木が1対1ではなく、全員が動きながら得点を奪うチームであること。特筆してアシスト数を稼いでいる選手がいない中、全選手が満遍なく数を稼いでいる(チームアシスト平均はリーグ3位の21.2本)。

比江島も、ボールを独占する時間帯が少なくなっているぶん成績を下げているが、自身のスタイルを栃木に合わせていると言えるだろう。

おすすめの記事