「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第28節】千葉がCS出場決定 隙が無い三河戦での舞台裏

バスケットボール,Bリーグ,千葉ジェッツ,ジョシュ・ダンカン,小野龍猛,第28節,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】前半だけで60点 出だしから3pが止まらない千葉

試合開始最初の攻撃、#27石井講祐の3pで先制した千葉。#3マイケル・パーカーも続きペースを握っていくが、三河は3秒バイオレーション、ショットクロックバイオレーションでシュートを打てない状況に持っていく。しかし千葉は#2富樫勇樹が速攻からレイアップ、コーナーから3pを沈めてチーム10点目に乗せた。

その後も千葉は、富樫、石井が続けて3pを入れるなど、三河に10点差をつける。ここで三河はタイムアウトで流れを変えたいところであったが、千葉は#10アキ・チェンバースがスティールから速攻に持ち込み、さらに#21ギャビン・エドワーズが#3マイケル・パーカーに渡して得点。その後も順調に得点を重ねる千葉に対し、三河は#0ジェームズ・サザランドがスコアするが、千葉との点差は広がっていく。終盤もパーカーが速攻から得点を挙げると、富樫が3pを沈め、パーカーの速いパスから#5田口がブザービーターとなる3pを決めて18点とリードを広げて1Qを終了する。

2Qに入っても集中力を切らさない千葉は、#34小野龍猛のポストプレーからアウトサイドで待っていた#1ジョシュ・ダンカンが3pを決めて幸先よくスタート。小野自身も3pを沈め、さらにスティールからダンカンがダンクを叩きこみ23点リードとする。

残り7分23秒で、三河は早くも前半最後のタイムアウトを請求した。

バスケットボール,Bリーグ,千葉ジェッツ,ジョシュ・ダンカン,小野龍猛,第28節,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


その後も千葉は攻撃を緩めることはなく、激しい守備で三河の得点を抑えると、田口のアシストを受けた小野が、この日2本目の3pを決める。さらにエドワーズがアリウープダンクを決め、さらにリードは26点まで広がった。

オフィシャルタイムアウトをまたいでも、千葉の得点ペースは落ちず、#11西村文男のレイアップ、小野が3pを2本沈めるなど、気が付けば千葉は前半だけで60得点。三河を29得点に抑えて、大量リードで前半を折り返した。

おすすめの記事