「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第27節】SR渋谷に勝利 負けられない戦いが続く栃木

バスケットボール,Bリーグ,栃木ブレックス,SR渋谷,第27節,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【前半】スタートから試合を作る栃木 2Qには渋谷の速攻に苦しむ

SR渋谷#6ロバート・サクレ、#34ライアン・ケリーに得点を決められ先制された栃木。しかし#6比江島慎からパスを受けた#9遠藤祐亮が3pを沈めて逆転し、コーナーから#13渡邉裕規が3pを入れて引き離しにかかる。その後、両チームともにパスが乱れて、アウトオブバウンズになり、残り6分1秒に栃木がタイムアウトを請求した。

栃木は渋谷が敷いてきたゾーンディフェンスに対し、比江島がドライブからレイアップを沈め、さらに#22ライアン・ロシターがポストプレーにドライブと得点を重ねていく。終盤、#21橋本晃佑の3p、#18鵤誠司の背面パスに合わせて#4ジェフ・ギブスがシュートを決め、栃木が14点リードで1Qが終了した。

2Qに入ると、SR渋谷#9ベンドラメ礼生のレイアップ、サクレのシュートが決まる。その後膠着状態が続くが、ベンドラメがスティールからファストブレイクを入れて、追い上げムードになっていく。

バスケットボール,Bリーグ,栃木ブレックス,SR渋谷,第27節,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


栃木の点数が伸びない中、SR渋谷はケリーが中外と得点を稼いで追い上げる。#3ファイ・サンバとサクレも続き、栃木に対して5点差で追走し、栃木は残り2分3秒でタイムアウトを請求。SR渋谷の勢いを止めて4点リードで前半を折り返した。

おすすめの記事