「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

頭角を現し始めた“八村世代” 2020年の主役になるのは誰だ(前編)【Bリーグ・大学】

2019 3/12 11:00SPAIA編集部
バスケットボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

アンダー時代に世界10位の成績を残す

日本バスケは男子A代表が今夏のワールドカップ出場を決めた。これまで主力選手はアンダー時代に世界を経験していなかった。しかし今のアンダーカテゴリーの選手たち、とりわけ1997年4月から1998年3月までに生まれた世代はすでに複数回、世界大会に出場している。

2013年のアジアU16 選手権で3位となり、15年ぶりに出場したU17世界選手権は14位、さらに2017年のU19ワールドカップでは、並みいる強豪国と対等に渡り合い10位で大会を終えた。

その中心はゴンザガ大のエースで、NBAドラフトで上位指名が期待される八村塁。U17世界選手権で大会得点王となり、自らの手でゴンザガ大入学を切り開くと、その後の活躍は周知の通りだ。U19ワールドカップに関しては、大会直前の合流となったが、何度もクラッチシュートを決め、その存在を世界に知らしめた。

八村に引っ張られる形ではあるが、世界10位という輝かしい成績を残した彼らは現在大学3年生の代。今年はいよいよ大学最終学年、勝負の年を迎える。

おすすめの記事