「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第26節】SR渋谷・サンバがつなぎ役で貢献 CS進出へ望みを繋ぐ

Bリーグ,サンロッカーズ渋谷,ファイ サンバ,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【DAY2後半】SR渋谷が新潟に連勝 サクレが存在感を見せつけ杉浦も躍動

後半に入って、SR渋谷はケリーのバスケットカウントなどで得点を重ねる。新潟もガードナーの3pで喰らいつくが、ハミルトンとガードナーに個人ファウルが重なっていく。そのしわ寄せは徐々にSR渋谷に有利に働く。

SR渋谷は、#24広瀬健太のスティールからケリーがファストブレイクダンクを叩き込むなど点差を広げていき、前半ファウルトラブルでベンチに下がっていたサクレもポストプレーで存在感を見せる。盛實と杉浦のコンビプレー、そして締めは盛實のブザービーターとなる3pが炸裂し、12点リードで3Qを終えた。

4Q。出だしこそ、新潟#3柏木真介、ガードナーに得点を許すが、SR渋谷杉浦がフェイントをかけてリングにアタックすると、ドライブから得点し、新潟は流れを悪くする。

Bリーグ,サンロッカーズ渋谷,ファイ サンバ,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


その後新潟ハミルトンに個人ファウル4回目がコールされると、SR渋谷はサクレが得点に絡んできて優位に試合を進める。オフィシャルタイムアウトを挟んでも、サクレがポストプレーから確実スコアを重ねリードをキープし、SR渋谷は新潟に84-72で勝利し、このカード連勝を達成した。

おすすめの記事