「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第26節】SR渋谷・サンバがつなぎ役で貢献 CS進出へ望みを繋ぐ

Bリーグ,サンロッカーズ渋谷,ファイ サンバ,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY2前半】SR渋谷サクレ ファウルトラブルもサンバが見事に繋ぐ

試合開始から両チームが速いテンポで得点を重ねる中で、SR渋谷は残り5分を切ってから#6ロバート・サクレが個人ファウル2回目をコールされて、#0満原優樹と交代する。その後、ローテーションで選手を交代させながら、#44盛實海翔と#14杉浦佑成が3pを沈めるなどリードをキープしていくが、新潟は#54ダバンテ・ガードナーがバスケットカウントを含め7得点するなど、新潟が1点リードして1Qを終了。

2Q、SR渋谷は1Q終盤からコートに入っていた#3ファイ サンバを中心にゾーンディフェンスを仕掛ける。これが効いたのか、新潟の得点が止まる。その間、SR渋谷は#34ライアン・ケリーのアシストから#7伊藤駿の得点などで逆転する。

Bリーグ,サンロッカーズ渋谷,ファイ サンバ,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


新潟のタイムアウトを挟んでガードナーを戻した新潟だったが、SR渋谷は杉浦の3p、ケリーがバスケットカウントを成功させてさらにリードを広げていく。新潟ガードナー、#34ラモント・ハミルトンにインサイドで得点を許すものの、終盤にSR渋谷#9ベンドラメ礼生がスティールからファストブレイクを決めて7点リードで前半を折り返した。

おすすめの記事