「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

頭角を現し始めた“八村世代” 2020年の主役になるのは誰だ(後編)【Bリーグ・大学】

2019 3/13 11:00SPAIA編集部
バスケットボールⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

筑波大と青山学院大にも好素材

1997年4月〜1998年3月生まれの選手には、今夏のNBAドラフトで上位指名が期待される八村塁(ゴンザガ大)を中心に有望な人材がそろっている。同世代で国内にいる選手は来年度で大学4年になる。

前編では特別指定選手の制度ですでにBリーグ入りしている選手を紹介したが、彼ら以外にも来季Bリーグ入りを見据える選手がいる。

まず紹介するのは筑波大の牧隼利。ボール運び、スコアリング能力、リバウンド力、ディフェンスが全て良し、獅子奮迅の活躍を見せるオールラウンダーだ。3年になった今季はキャプテンを務めるなど、リーダーシップも十分。フィジカルも強く、獲得に向けたクラブ間の競合は必至か。

前編で紹介した増田啓介(川崎ブレイブサンダースに特別指定選手で加入)のほか、203cmと上背のある森下魁、スピードがウリの村岸航と好素材が多い筑波大。また、琉球ゴールデンキングスに加入したナナーダニエル弾、明成高時に八村とチームメイトだった納見悠仁、シューターの伊森響一郎と有望株がそろう青山学院大。

過去にインカレ連覇を経験している両校だが、日本一を逃した今季は彼らを中心に王座奪還を狙う。

おすすめの記事