「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第15節】川崎・マクリンが奮闘 前半劣勢から2点差まで追撃

2018 12/26 14:41マンティー・チダ
Bリーグ,川崎ブレイブサンダース,バーノン・マクリン,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】川崎、名古屋Dの激しいプレスに苦しみ、前半わずか28点

川崎は、立ち上がりから名古屋Dの激しいプレスディフェンスに苦しみ、得点を挙げることができない。名古屋Dは、守備からの良い流れを攻撃に繋げ、#34クレイグ・ブラッキンズのジャンプシュート、#2マーキース・カミングスがスティールからのダンクを叩き込み、#0小林遥太が3pを沈めるなど、一気に11点を獲得し、川崎を突き放す。

タイムアウトを請求し流れを変えたい川崎。この日スタート5から外れていた#7篠山竜青をコートに投入し、チーム全体の落ち着きを取り戻すと、#21バーノン・マクリンの連続得点、#0藤井祐眞の3pで追い上げ体制を作っていく。終盤になって、再び川崎は名古屋Dの守備に苦戦し得点を挙げることはできず、結局名古屋Dが10点リードで終了する。

Bリーグ,川崎ブレイブサンダース,バーノン・マクリン,Ⓒマンティー・チダ


2Qの出だしも、川崎は名古屋Dの前線からプレスに苦戦する。1Q途中からコートに入っていた#21笹山貴哉に、2連続でスティールからファーストブレイクを許してしまい出鼻をくじかせた。その後もマクリンが孤軍奮闘するが、差を詰めることはできない。アウトサイドからの得点がなかなかできない中、インサイドで勝負するものの得点には繋がらなかった。一方、名古屋Dは#9安藤周人と笹山が3pを入れて17点リードとし前半が終了する。

おすすめの記事