「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第14節】最後まで集中したA東京 馬場が勝利をもたらす

2018 12/19 15:03マンティー・チダ
Bリーグ,アルバルク東京,馬場雄大,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】竹内譲次がバスケットカウントとダンクでチームの逆転に貢献

出だしは互角にスタートするものの、A東京のターンオーバーから攻撃権を獲得した千葉は、#27石井講祐が3p、#2富樫勇樹も超高速ドリブルからフローターを決めて5点リードとする。しかしここでA東京はタイムアウトを挟むと、#6馬場雄大のブロックショットが決まるなど、5点ビハインドで喰らいついていく。

1Q残り4分51秒、千葉が石井のスティールから富樫が3pを沈めて点差を広げると、富樫の得点ショーが開幕。フローターから始まり、アウトサイドで3pを沈め、ペイントエリアにアタックし再びフローターを決めるなど、1Qだけで富樫に14得点を挙げられ、千葉に5点リードされ1Qを終えた。

Bリーグ,アルバルク東京,馬場雄大,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


2Qに入って、A東京は#7正中岳城のレイアップで立ち上がりを決めるが、暫くスコアが動かない展開となる。A東京は3点ビハインドのまま進んでいたが、#15竹内譲次がスティールからバスケットカウントを成功させて同点に。その後千葉の#31原修太に好守備をされるものの、A東京は竹内がダンクを叩き込み、この日初めて勝ち越しをした。千葉の#21ギャビン・エドワーズに一度は同点とされるシーンもあったが、A東京は#51ミルコ・ビエリツァのタップシュート、竹内のバスケットカウントで得点を重ね4点リードとした。千葉も終盤に#5田口成浩の3pで追いすがるが、A東京が2点リードで前半を終了する。

おすすめの記事