「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

琉球の組織力は盤石!地区首位を独走中 【Bリーグ西地区】

2018 12/19 11:00SPAIA編集部
バスケット選手,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

並里、岸本、橋本がうまく共存、攻守に充実

今季のBリーグは1/3が終了し、上位と下位の差がはっきりし始めてきた。そこで地区ごとに18クラブの戦績から、好調の要因や改善点を探る。第3弾は西地区。

強固なディフェンス力を発揮し、昨季はセミファイナル進出まで躍進した琉球ゴールデンキングス。ただ彼らにとってそれはゴールではなく、あくまで通過点だった。

今季も大型補強を行ったが、ガードを主体にバスケットを展開する佐々宜央ヘッドコーチにとって朗報だったのが#1橋本竜馬と#3並里成の加入だ。

すでに#14岸本隆一というフランチャイズプレーヤーがいる中での加入だったが、主に並里がゲームメイク、岸本が得点、橋本がディフェンスとリーダーシップで存在を発揮し、うまく共存。その上で佐々ヘッドコーチの目指すスマートなバスケットを展開している。

現に平均ターンオーバーは、昨季の14.1から10.6に減少。単純計算で1試合当たり3.5回攻撃回数が増えていることになる。

また、昨季リーグで最小を誇った平均失点は、今季も69.8点で1位(アルバルク東京とタイ)。さらに#12ジェフ・エアーズ、#40ジョシュ・スコットが加わったことでインサイドに柱ができ、オフェンスも安定するように、昨季はケガもあり不振に終わった、#51古川孝敏も好調だ。

攻守ともに組織力が高く、他地区の上位クラブからも地力で勝利するなど、今季の充実ぶりが伺える琉球。彼らの目標は地区優勝ではなく、あくまでリーグの制覇だ。

おすすめの記事