「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第13節】千葉ジェッツ 役割を果たしたジョーンズ、石井

2018 12/14 16:44マンティー・チダ
Bリーグ,トレイ・ジョーンズ,石井講祐,千葉ジェッツ,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

千葉が8連勝 ジョーンズ、石井が攻撃面で躍動

北海道は#8多嶋朝飛がコーナーから3pを決めて先制すると、千葉も#21ギャビン・エドワーズが得点。五分の戦いを見せていた。

しかし残り4分30秒、千葉は#10アキ・チェンバースに代わって、10月13日の三遠戦以来のロスターとなった#7トレイ・ジョーンズがコートに入り、すぐにレイアップを沈める。次の攻撃でも果敢にドライブを仕掛け、#27石井講祐の3pをアシストした。流れに乗った千葉は、#2富樫勇樹がジャンプシュートを決めて7点リード。ここで北海道はたまらずタイムアウトを請求した。

タイムアウト後も、ジョーンズの勢いはさらに増す。ダブルクラッチを決めるなど、リングに向かってアタックし、結局千葉が10点リードで1Qを終了する。

2Qに入っても千葉のペースが続く。このQからコートに入った#11西村文男の3pを皮切りに、#5田口成浩、ジョーンズが3pを沈め、守備もオフィシャルタイムアウトまで、北海道をわずか5点に抑えて、ダブルスコアでリードを奪う。終盤に向けても石井が2本3p入れるなど、アウトサイドから得点を重ねていく。北海道は#17川邉亮平の3pを含む5点に抑えられ、千葉は前半終了時点で22点リードとする。

千葉のエンジンは後半になるとさらに加速。石井の3pから始まり、#3マイケル・パーカーがオフェンスリバウンドからのジャンプシュート、エドワーズのダンクなどが決まり、得点差はどんどん広がっていく。北海道の#13デイビッド・ドブラスにゴール下で決められるシーンもあったが、千葉のリードは30点台に突入する。64-31となり北海道にタイムアウトをコールされるが、千葉の攻撃は緩むことなく、33点リードで3Qを終了する。

Bリーグ,トレイ・ジョーンズ,石井講祐,千葉ジェッツ,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


4Qに入ってもプレッシャーをかけてディフェンスをする千葉は、北海道に得点を許さず、田口、#31原修太のレイアップなどで、リードは40点台に入ってきた。終盤、北海道に少し盛り返されたが、結局一度も主導権を譲ることなく試合終了。98-60で千葉が北海道に勝利し、8連勝を飾った。

おすすめの記事