「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

栃木がスタートダッシュに成功 昨季ファイナリストが追う展開に【Bリーグ東地区】

2018 12/12 15:00SPAIA編集部
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

攻守で質の高い栃木、例年以上の攻撃力を見せる

今季のBリーグは1/3が終了し、上位と下位の差がはっきりし始めてきた。そこで地区ごとに18クラブの現状を分析し、好調の要因や改善点を探る。第1弾の今回は東地区。

同地区首位で、全体でも勝率1位の栃木ブレックス。Bリーグ初代王者が今季はその実力を示している。ただ内状としては、昨季と顔ぶれが大きく変わらない上に、シーズン前に#31喜多川修平が膝のケガで今季絶望、シーズンに入っても#0田臥勇太が腰痛で欠場する試合が続いている。

そんな状況下でも首位を維持しているのは、ディフェンスの安定に他ならない。田臥が注入したハードワークの大切さと各選手の遂行力、そして組織力で相手の攻撃を封殺する。ここ数年に比べてアップテンポな攻撃をしている分、シュート試投数が増えているため失点も多くなっているが、それでも1試合平均失点72.4(リーグ5位)は優秀な数字だ。

リバウンドも#4ジェフ・ギブス、#10竹内公輔、#22ライアン・ロシターが奮闘し、39.5本でリーグ1位。特に数字には表れていないが、竹内の体を張ったディフェンスが光る。

そして今季はオフェンスの精度も高い。昨季は得点面でロシターに続く選手がおらず、アキレス腱を断裂していたギブスが中盤に復帰こそしたが、苦しい攻撃になる試合が多かった。

それが今季はギブスの状態が良いことに加え、軒並み日本人選手の得点がアップしている。移籍してきた#24栗原貴宏も含め、日本人選手の大半が平均得点を2点近く向上させ、#9遠藤祐亮、#18鵤誠司の成長が著しい。基本的にノーマークでシュートを放てているシーンが多く、それは組織力が向上している証。田臥が復帰してくれば、成績はさらに向上していくだろう。

おすすめの記事