「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新潟の好調の要因はディフェンス!混戦の中地区首位を走る【Bリーグ】

2018 12/4 11:00SPAIA編集部
バスケットボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

攻撃は抜群も守備に課題があった昨季

一昨年のリーグ最高勝率を誇った川崎ブレイブサンダース、昨年の最高勝率のシーホース三河が集うハイレベル地区ともいえる中地区。だが、ワールドカップアジア地区予選によるブレイク期間を前に首位を走っているのは、この川崎でも三河でもなく、オフェンスに厚みを加えた富山グラウジーズでもない、新潟アルビレックスだ。

プロクラブとしては日本で最初に産声を上げた新潟だが、bjリーグ時代もBリーグが始まってからも優勝争いには縁遠い。リーグ得点王の#54ダバンテ・ガードナーや衰え知らずの38歳#7五十嵐圭を擁していた昨季も、チャンピオンシップ不出場だった。

足かせとなっていたのは失点の多さだ。一昨季は81.1点、昨季は81.4点で、いずれもリーグ17位の数字。得点源のガードナーはディフェンス意識がそこまで高くなく、ヘルプディフェンスの弱さからの失点に加え、強力な日本人ビッグマンも不在。アウトサイドの選手も機動力、高さのどちらかが欠けている選手が多く、ガードナー&五十嵐コンビを中心としたハイスコアゲームで押し切るしか勝機がなかった。

その結果、ガードナーがたとえ毎試合30得点を稼いでも勝ち切れず、2年連続で黒星が先行するシーズンが続いてしまっていたのだ。

おすすめの記事