「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第10節】SR渋谷・満原「最後の場面で出場して得点しないと男ではない」

2018 11/22 16:46マンティー・チダ
サンロッカーズ渋谷,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY2前半】京都はファウルトラブルに苦しむ

Bリーグ第10節。サンロッカーズ渋谷(以下SR渋谷)は、青山学院記念館に京都ハンナリーズ(以下京都)を迎えて試合を開催した。DAY1は京都が最後に#50デイヴィット・サイモンの得点で65-64と勝利。連勝を狙いたい京都、ホームアリーナで雪辱を期すSR渋谷。DAY2はSR渋谷が優勢に進める。

1Q、立ち上がりから2-3ゾーンディフェンスを敷いた京都は、#3伊藤達哉、#12岡田優介、デイヴィッド・サイモンが立て続けにファウル。SR渋谷は、サイモンのファウルから#34ライアン・ケリーがバスケットカウントで加点。さらに#14杉浦佑成が3pを沈め、5点リードした。ここでタイムアウトを請求し、盛り返していく京都。オフェンスリバウンドからサイモンが得点し、伊藤達哉はスティールからファストブレイクを完成。そして、再びサイモンのジャンプシュートで追いつく。残り5分を切ったところで岡田が早くも2つ目の個人ファウルをコールされ、#91片岡大晴に交代。終盤に向けて互角な戦いを続けたが、残り3分を切り、SR渋谷は#24広瀬健太の3p、#6ロバート・サクレのポストプレー、ケリーの3pで一気に引き離し、28-20で1Qが終了。

1Q終了間際の勢いのまま2Qに突入。SR渋谷が#22長谷川智也とケリーの3p、さらにダンクが炸裂し、13点リードする。京都は前半2回目のタイムアウトをコール。そして、#7晴山ケビン、片岡のバスケットカウントで8点差まで詰める。オフィシャルタイムアウト明けに、#23シャキール・モリスの連続得点で京都が6点差まで縮め、タイムアウトをコールしたSR渋谷。再開直後、#9ベンドラメ礼生の3pを皮切りにリードを広げるが、残り1分前後に京都・岡田の3pと伊藤達哉のレイアップで6点差まで盛り返す。SR渋谷が6点リードで前半が終了。

サンロッカーズ渋谷

Ⓒマンティー・チダ

【DAY2後半】SR渋谷が終盤にビックラインナップを形成 京都を突き放す

後半出だしでベントラメが3pを決めたSR渋谷だったが、広瀬健太が連続でファウルをコールされる。ここで流れに乗りたい京都だったが、渋谷・広瀬にスティールを許した後、晴山がたまらずアンスポーツファイルをやってしまう。一方、SR渋谷はフリースローと攻撃権の献上後に、ベントラメのアシストからケリーのシュートで差をつける。#33内海慎吾をコートインさせた京都は、SR渋谷のサクレとベントラメにシュート決められが、片岡と内海の応戦で主導権を渡さない。残り4分を切って、SR渋谷はタイムアウトをコールする。

ここから京都はゾーンディフェンスの位置を高い位置まで引き上げ、フロントコートからプレスをかけていく。最初こそ、ケリーがアリウープを決めたSR渋谷だったが、伊藤の得点などで同点まで持ち込んだ京都。結局69-69で3Qは終了し4Qへ向かう。

4Qに入っても拮抗した展開が続く中、残り7分20秒、SR渋谷はベントラメに代わってサクレがコートイン。3Q終盤からコートに入っていた#0満原優樹、そしてケリーと共にビッグラインナップを形成した。

サンロッカーズ渋谷

Ⓒマンティー・チダ


しかし、ここで京都にアクシデント発生。伊藤達哉がルーズボール争いに起こったケガで途中退場する。ここからSR渋谷はケリーのファストブレイク、満原のシュートで一気に6点までリードを広げる。京都はタイムアウトを請求し体制をしっかり立て直すが、逆にSR渋谷は満原の好守備とケリーのブロックショットで相手の攻撃をストップさせると、ベントラメが3pを炸裂させ、85-78でSR渋谷を下した。

おすすめの記事