「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Wリーグ開幕】JX-ENEOSが11連覇へ好発進 次世代を担う選手の活躍に期待

2018 10/24 11:30マンティー・チダ
JX-ENEOS,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【開幕戦振り返り】JX-ENEOSが山梨を攻守共に圧倒

JX-ENEOSは#52宮澤夕貴のオフェンスリバウンドから、#33梅沢カディシャ樹奈がバスケットカウントとなる3点ショットで先制し、さらに#10渡嘉敷来夢の3pシュートで山梨を引き離す。その後は、リバウンドからの速攻で得点を重ね、主導権を握る。

14-8として山梨にタイムアウトを請求されるが、渡嘉敷、宮澤の勢いは止まらない。終盤、点差を詰められる場面もあったが、JX-ENEOSは山梨に9点のリードをつけ1Qを終了する。

JX-ENEOS,渡嘉敷来夢,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ

2Qに入って、JX-ENEOSは#12吉田亜沙美を投入。1Q終盤でやや劣勢になっていた雰囲気を一掃するように、チームをコントロールする。

梅沢、#23大沼美琴、#11岡本彩也花のレイアップなどで順調に得点を稼ぐと、最後は吉田がスティールからのファストブレイク。チーム43点目となるカウントワンショットも入れて、このタイミングでベンチへ。吉田がコートに立った4分38秒の間で18得点を上乗せし、リードを23点とした。

その後も順調に得点を重ねたJX-ENEOSは残り2分18秒、ルーキーの#5藤本愛瑚を投入。コートに入って最初のシュートとなった3pシュートを沈め、Wリーグ初得点を挙げると、その後は相手を無得点に抑え、25点リードで前半を終える。

後半に入ってもエンジン全開のJX-ENEOSは、3Qの途中から控えメンバー中心に試合を進める余裕すら見せて、山梨を96-47で下し開幕戦を勝利で飾った。

おすすめの記事