「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サンロッカーズ渋谷・杉浦佑成「今”伸びしろ”を感じている」

サンロッカーズ渋谷,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

昨季東地区5位、今季こそチャンピオンシップ進出へ!

東地区で5位に終わった昨季のサンロッカーズ渋谷(以下SR渋谷)。開幕10試合までは4勝6敗だったのだが、13試合目からの10連勝で一時は地区の首位争いに食い込んだ。しかし、シーズン後半で9連敗してしまい失速。最後までチャンピオンシップ争いに残ったが、進出は叶わなかった。

今季は、帰化選手として滋賀レイクスターズから#3ファイ・サンバ、NBAロサンゼルス・レイカーズでプレー経験がある#34ライアン・ケリー、日本でのリーグ参戦は6シーズン目となる#10マーカリ・サンダース・フリソンら海外出身の3選手が加入。一方で日本人選手は、菊池真人の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ移籍以外に入れ替わりは無かった。

アーリーカップ関東、蔚山モービスフィバス(韓国KBL、以下蔚山)とのプレシーズンマッチでは、自慢のディフェンスが機能せず、オフェンスも流れを作ることができなかった。リーグ開幕前の予行演習とはいえ不安を残す内容となった。勝久ジェフリーHCは「(機能するまで)時間はかかると思う。シーズン終盤に一番良い状態になってくれれば」と今後の展望を述べた。

そんな中、アーリーカップとプレシーズンマッチで昨季より大幅にプレイタイムを伸ばした選手がいる。

プロ2年目の#14杉浦佑成だ。勝久HCも「多くの経験を積んでほしい。成功しても失敗しても経験になってくれれば」と期待を寄せている。

サンロッカーズ渋谷

Ⓒマンティー・チダ

おすすめの記事