「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

目指せNBA!世界での活躍が期待されているバスケットボール選手5選

2016 8/30 05:51
バスケ,試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

日本人初のNBAプレイヤーとなった田臥勇太選手をはじめとして、NBAに挑戦し続けるプレイヤーは大勢いる。 その中でも次代のNBAプレイヤー候補として注目の、5人の日本人バスケットボールプレイヤーを紹介する。

小柄な身体で魅せる!身長167cmのポイントガード富樫勇樹

NBAの登竜門といわれるサマーリーグ出場経験をもつ富樫勇樹選手。
その時の出場時間は限られたものであったが、彼の持ち味である地を這うようなドリブルやスクープショット、体格差を補う技術やスピードで、体格差があっても世界で活躍できることを示した。身長差があるからこそともいえる、相手選手の腰の下を抜き去るドリブルは圧巻だ。
bjリーグでは最多アシストのタイトルを獲得したこともあり、日本代表として選出された期待の星だ。2016年現在は千葉ジェッツに所属している。

恵まれた体格と身体能力!規格外のオールラウンドプレイヤー八村塁

ペナン人の父と日本人の母をもつ八村塁選手。
202cmの身長とパワー、その長身からは想像のつかないスピードと繊細なシュートタッチを持っている。中学に入ってからバスケットボールをはじめ、高校2年生で出場したU-17世界選手権で得点王に輝き、ウィンターカップでは3連覇を成し遂げるなど、その活躍には目を見張るものがある。
NBAでプレーすることと東京五輪で活躍することを目標としている彼は、現在はゴンザカ大学に所属している。

おすすめの記事