「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アースフレンズ東京Z・U15 設立4か月で3位!【BリーグU15チャンピオンシップ2018】

BリーグU15チャンピオンシップ,アースフレンズ東京Z,岩井貞憲,バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

強豪に交じって3位! 世界に通用する日本人を輩出するチームへ

BリーグU15チャンピオンシップ2018は、栃木ブレックスU15の優勝で幕を閉じた。ベスト4に残ったチームの顔ぶれを見ると、栃木ブレックス、横浜ビー・コルセアーズ、アースフレンズ東京Z、Fイーグルス名古屋である。栃木と横浜はBリーグU15カテゴリーが始まってからの古参チームで、FE名古屋は昨年のこの大会覇者。東京Zは4月にU15のチームを設立し、そんな強豪チームの中でわずか4ヶ月ながら3位と躍進を果たした。

今大会は準決勝で昨年準優勝チームの横浜と対戦し惜敗したが、3位決定戦では昨年の覇者FE名古屋戦において2Qで相手の得点を7点に抑え、ポテンシャルの高い選手たちが得点を重ねて完勝。3位で大会を終えた。

東京Zは「世界に通用する日本人選手を輩出する」というミッションを掲げている。結果を求められるトップチームとは違い、いかに選手を育成できるかがテーマとなり、このU15カテゴリーはミッションを達成する上で欠かせない。

アースフレンズ東京Z U15チャンピオンシップ3位

Ⓒマンティー・チダ

「岩井HCの細かい指導、きちんとした部分が結果として残った」Bリーグ・塚本剛平氏

東京Zは岩井貞憲氏がヘッドコーチとして指揮をしている。

今大会3位に躍進した東京Zについて、Bリーグ強化育成部の塚本剛平氏は「会場となった大田区総合体育館がアースフレンズ東京Zのホームアリーナという事で力を入れてきたなという面と、岩井HCの指導方針が結果として成績にも出た」と分析する。

「岩井HCによる1対1の指導には定評があり、しっかりと伸ばしてきた。私も練習を見たが、きちんと1対1の整理をしていた。ただやらせるだけでなく、言葉で説明をされていた。試合中も細かい指示が飛んでいたが、岩井HCの細かい指導、きちんとした部分が成績として残った」と続けた。

指導者の細かな指導は、選手たちにとっても大きな財産になる。様々な場面の中で1対1を整理し、選手たちに考える場を与えることは良いことだし、これがモデルになってほしい。

アースフレンズ東京Z U15チャンピオンシップ3位

Ⓒマンティー・チダ

おすすめの記事