「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アルバルク東京HCと主将「共に学び、共に信じ」栄冠【B.LEAGUE AWARD SHOW】

Bリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

MVPは比江島が獲得、ベストファイブは2年連続同じ顔触れに

5月29日に華々しく開催された「B.LEAGUE AWARD SHOW 2017-18」。昨年のビルボードライブ東京から、恵比寿ガーデンプレイス広場に会場を移して開かれた。

洒落たスーツに身を包んだ選手たちが登場し、2017-18シーズンに活躍した選手や関係者を中心に表彰が行われた。レギュラーシーズン最優秀選手賞は比江島慎(三河)、ベストファイブに選ばれたのは同じく比江島、そして富樫勇樹(千葉)、田中大貴(A東京)、ニック・ファジーカス(川崎)、金丸晃輔(三河)の5名だ。2年連続で同じ選手たちがベストファイブに輝いた結果となった。

その他、特別表彰としてファッション、SNS、マスコットなどの表彰もあり、千葉勢が独占。各タイトル獲得者も壇上に上がって表彰を受けた。また松島良豪(北海道)率いる「劇団松島」がサプライズで登場し、「ダンシング・ヒーロー」に合わせてキレのあるダンスを披露するなど会場は大いに湧いた。

Bリーグ,表彰

A東京で8年間主将の正中岳城が見た「AWARD SHOW」

MVPを獲得した比江島や、ベストファイブを2年連続で獲得した富樫、田中、金丸は日本を代表するプレーヤーだ。ニック・ファジーカスも昨年MVPを獲得。4月には日本への帰化申請が受理され、6月29日から開催されるFIBAバスケットボールワールドカップ2019アジア地区の一次予選では日本代表の救世主として期待されている。

シーズン中に活躍した選手たちの表彰が続く中、正中岳城はBリーグ2代目王者A東京のキャプテン、そして受賞者の一人として「AWARD SHOW」に参加した。前身のトヨタ時代も含めると8年間主将としてチームを引っ張ってきた正中。日本を代表する双子の選手、公輔(栃木)・譲次(A東京)の「竹内ツインズ」と同じ世代だが、プレースタイルに関しては「いぶし銀」という言葉が似合う選手だ。

リーグ優勝の表彰でルカ・パヴィチェヴィッチHCと共に壇上に上がった正中は「タレント力豊富な選手とは違う立場でプレーし、8年間主将を務め、入団11年目にこういう席にお邪魔することができたのは非常にうれしい」とスピーチした。

リーグ優勝のときに掲げたトロフィーは「重かった」という。「トロフィーのために練習し、様々なことを犠牲にして戦っている。そういうものが伝わってくる重み」と主将としてのプレッシャーも噛み締めた。

「AWARD SHOW」の後、正中に感想を聞いた。「チームがあるからこその役割であり、試合に出ていなくてもトロフィーを掲げる瞬間、セレモニーの瞬間にやってきて良かったな、というような気持ちにさせてくれる。やはり勝つということでしか、こうして陽に当たることは無いと思う。勝ちにこだわってチームを率いてきてよかった」と、壇上の雰囲気を味わった者しかわからない気持ちを、自らの言葉で表現した。

Bリーグ

おすすめの記事