「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

B.LEAGUE記者会見レポート「データ分析を超える気持ちのこもった試合を期待」

Bリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18 試合形式

【キーワード】

ⒸSPAIA


B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18(以下CS)は、5月12日のクォーターファイナル(以下QF)から開幕する。QFは2戦先勝方式を取り、1勝1敗で終えた場合は、DAY2と同じ日にインターバルを置いてGAME3を10分間(前後半各5分)行う。セミファイナル(以下SF)も同じ形式で進める。ファイナルは、5月26日に横浜アリーナで1勝先勝方式、1発勝負で開催する。

大河正明チェアマンは「ここから先は結果が全て。昨年もデータでは語れない熱戦が続いた。分析を超える気持ちのこもった試合を期待したい」と話し、ファイナルの会場になる横浜アリーナについては、「体育館とは違う演出を考えている。12000人収容できるようなので、早い段階でチケットを売り切りたい」と語った。それでは、今週末に開催されるQFのカードと共に、当日の会見の模様もあわせてお届けしよう。

【QFカード紹介】千葉(東地区1位)VS.川崎(ワイルドカード上位)@千葉・船橋アリーナ

【キーワード】

ⒸSPAIA

クォーターファイナルでは屈指の好カードとなった。会見に参加した千葉・富樫は「川崎が相手で嬉しくはない」とコメント。川崎・辻は「できたら避けたい相手」と発言するなど、QFで対戦することは「控えたかった」が本音だろう。

千葉は、激しい守備からの超高速攻撃(トランディションオフェンス)で戦ってきた。そして、天皇杯も昨年から2連覇を達成した。自分たちのバスケをやり切れば勝利に近づく。レギュラーシーズンの連敗も昨年末のA東京戦で2連敗したのみだ。1度負けた相手に対しては、エナジーを発揮し次に戦う機会では必ず勝利をもぎ取っている。

川崎は、リーグ中盤までオンザコート1の時間帯で負け越すことが多かった。しかし、#18鎌田の台頭で勝ち越すこともできてきた。それに加え、大黒柱#22ファジーカスが帰化選手となり、バリエーションも多彩になった。そしてハッスルプレーでチームを鼓舞する#00デービスの出場時間が増えることや、#17アマンドソンも含め、リバウンドで優位に立てる陣容が揃ってきた。

この両チームは、5月2日に対戦している。ファジーカスが帰化選手としての初戦を迎えた時で、リバウンド・ルーズボールで優位に立った川崎が千葉を下している。会見でも千葉・富樫は「想像はしていたけど本当に強かった」と話す。しかし、「いろいろ修正できれば違う展開になると思うし、オフェンスリバウンドがカギになる」と続けた。

さらに辻に対しては「スリーポイントを決められた後のポーズを見るとイラっとするので、それだけは決めさせたくない」と意欲を示すと、辻は「(富樫も)シュート決めた後も喜んでほしい。今度シュート決めた後のポーズを教える」と笑いを交えながらやり返す場面もあった。そして「リバウンドとルーズボールはさらに強くなった」と自信をのぞかせた。

最終節のリベンジをしたい千葉か、東芝グループ最後のCSに燃える川崎か、勝利の女神はどちらに微笑むだろうか。

おすすめの記事