「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第30節 川崎VS.京都 川崎がホーム最終戦を白星で飾る

川崎VS.京都
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【DAY2前半】京都のスモールラインナップに苦しみながら川崎は優位に進める

川崎VS.京都

ⒸSPAIA


立ち上がりは五分でスタートして中盤あたりから、川崎は#00デービス、#0藤井が得点をして主導権を握る。京都は#3伊藤がバスケットカウントとなる3点ショットを決め1点差に詰めるが、川崎はデービスが速攻でゴール下に飛び込んで6点リードとし、京都は残り4:30タイムアウトを請求する。結局川崎は8点リードで1Q終了する。

DAY2の京都は#5ダブが欠場し、外国籍選手は#34スミスのみだった。2Qオンザコート2(外国籍選手2人)で申請していた京都は、オンザコート0(外国籍選手なし)でスタートする。しかし、京都は10点差で踏みとどまりながら試合を進めていき、残り6:52スミスをコートに戻すと、スミスが幸先よくゴール下から得点を決めるが、そのタイミングでスミスはアンスポーツマンライクファウルをコールされ、川崎に攻撃権を渡す。京都は#43永吉などの得点でこれ以上離れることなく踏みとどまり、川崎10点リードでオフィシャルタイムアウトを迎える。

オフィシャルタイムアウト後、川崎に得点を許す場面もあったが、タイムアウトを挟んで京都の猛攻が始まる。川崎は前線からプレッシャーをかけていくが、京都は伊藤がフローターシュートを決めると、永吉のジャンプショット、スミスのダンク、さらに伊藤のレイアップシュートが決まり6点差まで詰めていく。続けて#7晴山が3pシュートを決めて3点差まで詰めたところで前半は終了する。

【DAY2後半】京都の2-3ゾーンシステムに対しテンポアップした川崎が再逆転で連勝を飾る

川崎VS.京都

ⒸSPAIA


京都は伊藤からアシストを受けた晴山がシュートを決めて流れを掴むと、伊藤がレイアップシュートを決めて逆転に成功し、この日初めてリードを奪う展開とする。川崎も#33長谷川が3pシュートを決めて再逆転するが、京都も伊藤が3pシュートを決めて再び逆転に成功し、続けてスチールからファストブレイクを決めて4点リードとしたところで、川崎は残り6:34タイムアウトを請求する。追いかける展開となった川崎は、速攻から#11野本がレイアップを決めると、ファジーカスがバスケットカウントを獲得し決める。そして、京都#91片岡の3pエリア外におけるシュートモーションによるディフェンスファウルから獲得したフリースローを藤井が3本しっかり決めて、川崎は1点差まで詰める。その後1点差の攻防を続け、川崎・野本がフリースロー1本決めて同点とし、3Q終了する。

4Qに入り京都は川崎のディフェンスファウルから獲得したフリースローを着実に決めてリードを広げていくと、守備では2-3ゾーンディフェンスを敷き、相手の得点を抑えることに成功する。攻撃ではスミスが2本シュートを決めて京都6点リードとし、残り4:39オフィシャルタイムアウトを迎える。

オフィシャルタイムアウト後、引き続き2-3ゾーンディフェンスを敷く京都に対し、川崎は長谷川の3pシュートを皮切りに、ファジーカスも3pシュートを決め、そして#14辻が同点となるレイアップシュートを決めて、残り3:45京都はタイムアウトを請求する。タイムアウト後、点の取り合いになったが、川崎・ファジーカスの得点の後、藤井がスチールを決めて自分で得点し、川崎4点リードとしたところで京都はタイムアウトを請求。逆転に成功した川崎はそのまま京都を振り切った。DAY2は川崎が77-73で京都を下した。

おすすめの記事