「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第28節 千葉VS.西宮 「試合をうまく終えることよりも、収穫のあるものにしたかった」

千葉VS.西宮
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【DAY1前半】序盤から大量リードの千葉、小野が2Qでトップリーグ通算3000得点達成

千葉VS.西宮

ⒸSPAIA


ディフェンスリバウンドから速攻で#21エドワーズのレイアップシュートが決まり、幸先よくスタートした千葉は、#2富樫も得点に絡みリードを広げていく。その後#10チェンバースが個人ファウル2回目をコールされ#27石井と交代したが、#3パーカーのダンクなどでリードは12点となり、残り4:26で西宮はタイムアウトを請求する。しかし、千葉は引き続き主導権を握り、終盤はパーカーのバスケットカウントなどでさらにリードを広げ千葉が18点リードとし1Qが終了する。

2Qに入り、千葉は#34小野がトップリーグ個人通算3000得点を達成。勢いそのままに3pシュートも2本連続で決める。西宮は小刻みに選手交代をしていくが、千葉の勢いは止められない。小野のスチールから、アシストをもらった#8ライオンズがダンクを決めれば、バスケットカウントとなる3点ショットも決める。25点差を追いかける西宮は、#2バーンズが3pシュートを決めるなど喰らいつくも、千葉は石井が速攻からのシュート、3pシュートなどでリードを広げ、エドワーズもダンクを叩きこむ。西宮も#13道原が3pシュートを決めるも、千葉が27点リードで前半を折り返す結果となった。

【DAY1後半】今季限りの現役引退を表明した千葉・伊藤が守備でチームに貢献

千葉VS.西宮

ⒸSPAIA


西宮#5ヒルに連続得点を許した千葉だったが、富樫がバスケットカウントとなる3点ショットを決めると再び千葉のペースへ。エドワーズ、パーカーと得点が続き、チェンバースが3pシュートを決める。西宮もヒルが孤軍奮闘するが、千葉はパーカーが連続得点をしてさらに得点差を広げる。中盤から終盤に向かっても、ライオンズの得点を皮切りに、パーカーがバスケットカウントを含め連続でゴールを決めると、ライオンズのスチールから富樫がファストブレイクを決めてリードは34点まで広がった。西宮は終盤道原の得点などで喰らいつくも、千葉28点リードで3Qは終了した。

3Qの終盤から得点が止まっていた千葉だったが、エドワーズ、石井、小野と3pシュートが決まり、この時点で千葉のリードは35点。そしてコートサイドに、先日今季限りで現役引退を表明した#44伊藤がコートサイドで待機し、残り6:35交代でこの日初めてコートに入る。個人ファウルをする場面はあったものの、守備面で相手がゴール下に突入する際にしっかり体を入れてシュートを良い形で打たせない状況を作っていく。それに呼応するように、ライオンズが3pシュートを決めると、このところ結果も出ていなかった#31原が、2月10日の富山戦以来の3pシュートを決め、チーム得点も100に乗せる。その後#25荒尾も出場を果たし、フリースローを含め3得点を稼ぐ。結局DAY1は106-76で千葉が西宮を下し、今季6回目の100点ゲームを達成した。

おすすめの記事